Apesplant

2018年02月08日

スティーヴン・キングの人気小説『ダーク・タワー』映画化

モダンホラーの帝王と呼ばれるスティーヴン・キングの人気小説を映画化したSFアクション。世界の平和を保つ塔であるダークタワーを守る戦士ガンスリンガーと、塔の破壊を目論む黒衣の男との壮絶なバトルが繰り広げられる。劇中に意外な形で登場する『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ダーク・タワー DVD のペニーワイズら、他のキング作品との関係性も見られる。

本作は、少年ジェイクが夢に導かれ入り込んだ“時空を超越する荒廃した異世界”を舞台にした物語。現実世界と密に結びつく異世界では、世界の支柱と言われる“タワー”を巡り、凄腕の銃使い“ガンスリンガー”ローランド(イドリス・エルバ)と世界の崩壊を目論む“黒衣の男”ウォルター(マシュー・マコノヒー)が終わることのない戦いを繰り広げていた。エカテリーナ DVD

公開された予告映像では、 不思議な夢に戸惑うジェイクがカウンセリングを受けるシーンから始まる。しかし少年は“タワー”、そして異次元の争いを繰り返す“黒衣の男”と“ガンスリンガー”のリアルすぎる光景をただの夢とは信じられずにいた。ガーディアンズ DVD

また、タワーを守る者=ガンスリンガーと、タワーを壊す者=黒衣の男のバトル・アクションも収められている。現実世界のジェイクは何故この戦いに巻き込まれてしまったのか? そこには世界の運命を左右する秘密が隠されていた……。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。